「MARUYAMA GROUP」 採用ページ マルヤマグループを知る

recruit2019

About us

about us main visualabout main visual
interview and message

代表取締役

丸山 勇一

日々「ありがとう」をいただける仕事。

マルヤマグループはどんな会社ですか?
また、ここで働く喜びとは?

たった一台の車にも、車検やメンテナンス、保険、鈑金塗装などさまざまなサービスが存在します。マルヤマグループは、それらをまるごと安心しておまかせいただける、カーライフのトータルサポート企業です。 お客様の「数」にこだわってきたこともあり、各店舗には朝から夕方まで多くのお客様が来店されます。そこでお客様から直接感謝の言葉をいただく機会が多いのは、幸せなことです。

何か印象に残っているエピソードはありますか?

まだ私が現場にいた頃ですが、「長く車に乗ってきたけど、こんなにいいお店があったんだね」「次は家族の車を全部お願いするよ」と言っていただきました。その一言ですごくやる気が出たのを覚えています。

目に見えるものさえ正せなくて、

お客様の心を読むことはできない。

話す丸山勇一

一台の車に対して多くのサービスがある、
というお話でした。

私たちの使命は、お客様のカーライフをトータルサポートし、喜んでいただくこと。そのため社員は幅広い知識や技術を身につける必要がありますが、入社後1年間は、現場と座学で少しずつ仕事を覚えていける教育体制を整えています。

では、社長の考える「いい人材」とは?

「素直さ」のある人です。言われたことを素直に受け止め、行動できる人は、当社で成長できる人材です。 というのも当社には毎月1回、私を含む社員6名が全店舗を巡回する「環境整備点検」という取り組みがあります。主にチェックするのは、備品の置き場や照明の明るさなどの「目に見える」部分。これは指摘を素直に受け止め改善するためのトレーニングであり、指摘する側には「気づく」トレーニングにもなる。そして現場における「お客様に対する素直さと気づき」に結実します。 環境整備で指摘される「目に見えるもの」さえ正せなくて、お客様の心は読めませんよね。環境整備は、すべての仕事の基本と位置付けています。

子供がここを選んだ理由がわかりました

働き方が問われる今の時代、お子さんの職場環境を

気にする保護者の方も多いのでは?

当社では内定式と同時に、保護者説明会を行っています。バックヤードも休憩室も、隅々まで見ていただく。「これなら安心です」「うちの子が選んだ理由がわかりました」といったお声も多く頂戴しています。

マルヤマグループの社員には、
どんな人生を歩んでほしいですか?

20代で就職し60歳で定年と考えると、「人生はほぼ仕事」といっても過言ではありません。その仕事をいかに楽しみ、大事にするかで人生も大きく変わると思いませんか? 考え方は人それぞれですが、私は「仕事の中に人生がある」という価値観。それだけ濃い時間を送っているし、本気でやっています。皆さんもぜひ自分で決めたことに本気になって、仕事も人生も謳歌してください。

Profile

生年月日 : 1971年3月16日 

出身地 : 燕市(旧分水町)

趣味 : ゴルフ好きなもの : 赤ワイン

剣道部出身。男の子1人、女の子2人の3児の父。

ABOUT
MARUYAMA GROUP

健康経営宣言

健康経営宣言

マルヤマグループは、従業員一人ひとりが能力を最大限発揮できるように、ワーク・ライフ・バランスや健康的な職場環境づくりを推進しています。従業員の自律した健康管理について積極的に支援します。

健康経営宣言はこちら

数字で見るマルヤマグループ

  • スタッフ年齢構成
  • 男女比
  • 平均残業時間
  • 新卒・中途採用比
  • 出身地
  • 年間のイベント開催数
  • 運動部? 文化部?
  • インドア派? アウトドア派?
  • 犬好き? 猫好き?
  • 初昇格までの平均年数